子育て

【子育て】子供のイヤイヤ対策にオススメ!Pechat(ペチャット)の紹介

こんな人にオススメの記事

子供がイヤイヤ期で全然言うことを聞いてくれずに疲れているパパ・ママ

こんにちは、やましょです。

私の2歳の子供は、最近イヤイヤ期真っ盛りで、言うこと聞いてくれない時は、
本当に言うこと聞いてくれません。

そんな時に、友人から勧められたpechat(ペチャット)というボタン型スピーカーを使うと
かなり言うこと聞いてくれるようになり、かなり助かりました。

この記事を読むと、こんなことが分かります

① pechatってどんな商品?
② pechatの良いところ・悪いところ
③ 実際に使ってみた感想

Pechat(ペチャット)って何?

Pechat(ペチャット)とは、

心を通わせる、おしゃべりボタン。
ペチャットは、ぬいぐるみにつける
ボタン型スピーカーです。専用アプリを操作することで
ぬいぐるみを通して子どもとおしゃべりすることができます。
ないしょ話をしたり、歌をうたったりお昼寝に誘ったり、
様々な使い方で子どもの心を通わせる力を育みます。

引用元 : pechat公式ホームページ
ペチャット-Pechat-P01-イエロー-ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型スピーカー【英語にも対応】
created by Rinker

使い方は、pechatをぬいぐるみに縫い付ける・首掛けし、
スマホ操作でぬいぐるみに喋ってもらいたい言葉を選び、
pechat経由でその言葉を鳴らすというものです。
どんな風に使うのかは、公式ホームページの動画が分かりやすいです。

また、2018/年11月時点で、累計販売台数が10万個を突破しており、
複数の賞を受賞している商品でもあります。

Pechat受賞歴

・ Amazon知育・学習玩具大賞2018 英語部門賞
・ 第21回 メディア芸術祭 エンターテイメント部門 優秀賞
・ 2017年度グッドデザイン賞ベスト100
・ 2017年度キッズデザイン賞
・ 第5回 デジタルえほんアワード
・ 2017年度ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS インタラクティブ部門カテゴリー賞

とらお
とらお

いろんな業界でも認められている商品なんだね

Pechat(ペチャット)の良いところ・良くないところ

2020年11月時点で、Amazonで413件のレビューがあり、評価は☆4.1でかなり高評価です。
ここでは、レビューと私の実体験踏まえて、良いところ・使いにくいところを紹介します。

良いところ3選

いつも喋らないぬいぐるみがしゃべるだけで、子供は興味津々

我が家で始めてpechatを使ってぬいぐるみが喋った時の、
子供の表情が一気に満面の笑みになり、ぬいぐるみと楽しそうに会話してる姿は忘れられません。

イヤイヤ対策のフレーズがいっぱい。シミュエーション多数

pechatには、「イヤイヤ」モードがあり、
下記のようなイヤイヤ対策のフレーズがシチュエーション別に用意されています。

・朝起きない
・お着替えしない
・ごはんを食べない
・ハミガキしない
・トイレにいかない
・おむつの交換を嫌がる
・幼稚園、保育園に行きたくない
・ベビーカーに乗らない
・車に乗りたがらない
・自分で歩かない
・手を繋がない
・家に帰りたがらない
・手を洗わない
・お昼寝したくない
・お昼寝から起きない
・お菓子を食べたがる
・大きな音を立てる
・テレビを見るのをやめない
・お風呂に入らない
・ドライヤーを嫌がる
・爪切りを嫌がる
・耳かきを嫌がる
・寝ようとしない

日頃の困りごとは、上記に当てはまるものも多いんじゃないでしょうか?
例えば、「ハミガキをしない」のフレーズは、下の動画を見てみてください。

ハミガキを促す言葉だけでなく、ハミガキが嫌な子供の気持ちに寄り添う言葉や、
ハミガキできたことを褒める言葉など、バリエーションも豊富です。

この「イヤイヤ」モードには、全部で700以上のセリフが収録されているようです。

好きな言葉を話すことができる

用意されているセリフで使いたいものがない場合は、
自分で入力したセリフを話すこともできます。

用意されているセリフに比べて、少し違和感がありますが、
会話する分には全く問題ないレベルだと思います。

自由入力したセリフの発音は、下記動画を参照ください。

良くないところ3選

ぬいぐるみが喋るのが怖いという子もいる
ボタンから音が出る仕組みに気づいてしまい、子供が冷めちゃう

上記の2つについては、pechatを使う前に子供に
「これは魔法のボタンで、お喋りができるようになるんだよ」って説明しておくことで、
解決できるかもしれません。

我が家でも、同じような説明をして、子供も覚めることなくpechatを使えています。

セリフ選びに忙しく、付きっきりになってしまう

常にスマホ操作しないと会話がなりたたないので、
pechatに子供の相手を任せっきりにすることはできません。

オススメの使い方

実際にpechatを使ってみて、我が家では、
子供がイヤイヤモードになった時にのみpechatを使うようにしています。

ぬいぐるみが喋ると、親には話さないような子供の考えも引き出せることがあり、楽しいでのですが、
やはり、ずっと付きっきりになるのは大変なときもあるので。。

おわりに

pechatを導入してから、イヤイヤモードからの脱出成功率は70%くらいあり、とても助かっています。

子供のイヤイヤに困っている方にオススメなので、興味があれば是非使ってみてください。

ペチャット-Pechat-P01-イエロー-ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型スピーカー【英語にも対応】
created by Rinker

ABOUT ME
ちゃる
2歳男児の父(30代)。 子供が困った時にサポートできるように、人生のコツ(虎の巻)を綴るためにブログをはじめました。 現在('20/9~)は、もっぱらお金の勉強に注力中で、家計見直し、投資の勉強をしています。 子育てとお金との付き合い方に悩む親御さんに役立つ記事を書いていきたいと思っています。 よろしくおねがいします!