お金の話

初心者でもわかる高配当株の効率的な探し方

こんな人におすすめの記事

①高配当株に興味があるけど、選び方が分からない
②高配当株を効率的に探したい

こんにちは、ちゃるしょです。

最近、インデックス投資以外に、キャッシュフローを良くしたいので、高配当株投資を実践しています。

ですが、銘柄選定が人の意見に頼りっきりなので、自分でも探せるようになりたいと思っていたところ、両学長が私にぴったりな動画をアップしてくれました。

この動画では、高配当株の探し方、ツールの紹介をしてくれています。

紹介されていた方法で高配当株を探す中で、さらに効率的に高配当株を絞り込む方法を見つけたので、動画の要約を交えながら、紹介したいと思います。

高配当株の探し方

① 高配当株リストを入手する
② 過去の業績を見る
③ 企業HPで現在の業績を見る
④ あらゆる情報を元に将来予想し、投資するか判断する

高配当株の投資先を決める上で、大前提は高配当であること。

そして、配当金を継続して安定的に出してくれ、さらに増やしてくれること。

そのためには、経営状況・財務状況が健全である必要があるので、過去・現在・未来の業績を考える必要があります。

今回は①、②にフォーカスして説明します。

①高配当株リストを入手する
 今回は、配当利回り3%以上を高配当銘柄とし、探します。

②過去の業績の調べ方

以下の指標を元に選定します。なぜこの指標を使うのかを理解した上で銘柄選びするために、それぞれの指標の役割は後述します。

両学長の動画では、

①高配当リストの入手
⇛「Yahooファイナンス 配当利回り」で検索

②過去業績の確認
⇛高配当リスト掲載企業についての上記指標を「IR BANK」でチェック

という流れでしたが、Yahooファイナンスで配当利回り3%以上の銘柄を調べてみると657社もあるんですね。。。調べてみて驚き!

とらお
とらお
657件の過去業績を確認するのは、時間的にしんどい

効率的に高配当株を絞り込む方法

そこで、Yahooファイナンスを使うより、効率的に絞り込みする方法を見つけたので、紹介します。

その方法は、バフェットコードという無料ツールを使います。

このツールでは、配当利回り、配当性向などの条件を付けて、銘柄選定できるツールです。

これを使うことで、判断基準が数値化されている指標で銘柄の絞り込みができます。

この条件を使うと、配当利回り3%以上の657銘柄から52銘柄まで選定することができました。

絞り込みした銘柄を元にIR BANKを使い、残りの指標を確認するのが効率が良くておすすめです。

バフェット・コードの使い方

検索 or 下記リンクから、バフェット・コードへアクセス。
会員登録など面倒くさいこと無しで使えるのが嬉しいです。

後は、以下の画像通りに進めます。

カンタンですね。

これをやることで、高配当株の判断基準に合致した絞り込みができました!

絞り込んだ銘柄のその他指標をIR BANKで確認

候補銘柄が絞り込めたら、後は動画で紹介されていた内容を実践していきます。

キーワード検索 or 下記リンクから、IR BANKへアクセス

後は、以下の画像通りに進めます。

ここから、各指標をチェックしていきます。

会社業績の項目では、営業収益(売上)、EPS(1株あたりの収益)、営業利益率をチェック

財務状況の項目では、自己資本比率をチェック

キャッシュ・フローの推移では、営業活動によるCF(キャッシュフロー)と現金等をチェック

配当推移からは、一株配当と配当性向をチェック

慣れれば、1銘柄3分くらいで見れると思います。

Yahooファイナンスでの銘柄選定だと、IR BANKでの業績確認は、657銘柄×3分/1銘柄 = 1971分 ≒ 33時間かかりますが、今回紹介した方法だと、52銘柄×3分/1銘柄 = 2.6時間で済みます!

とらお
とらお
これなら何とかやれそうな気がする

高配当株の選定指標の役割

動画では、しっかりと指標についての説明もあったので、まとめておきます。

売上高 (右肩上がり)

安定して成長しているかを確認する指標

EPS:1株あたりの利益 (右肩上がり)

会社の利益を生み出す会社の力の指標。
右肩上がりなら、会社は成長している証拠。

営業利益率 (10%以上)

売上高の内、どれくらいが営業利益かを示す指標。値が大きいほど、収益性が高い=儲かるビジネスということ。
東証1部上場企業(金融業以外)の営業利益率平均は7%前後

自己資本比率 (40%以上)

自分の会社のお金でやり繰りできているかを示す指標で、企業がカンタンに倒産しないか?という安全性を確認する指標。

営業活動によるキャッシュフロー(毎期黒字)

その年の商売で、いくら手元の現金が増えたを示す指標。過去10年で1年でも赤字がある会社は、両学長は買わない。

現金等 (右肩上がり)

企業の究極的な目的は、キャッシュを稼いで増やすこと。長期的に見て、現金が増えているキャッシュリッチな企業を選定する。

1株あたり配当金 (無配・減配せず、増配)

安定性の確認:頻繁に配当金が減っていないか(減配)、配当金が0円になっていないか(無配)、リーマン・ショック(2008)に減配・無配になっていないかチェック

成長性を確認:配当金が増えているかどうか

配当性向 (50%以下)

その年の利益の内、何%を株主にキャッシュバックしているかを示す指標。
70~80%を超えてくると、自己投資に使える額が20~30%しかないので成長があまり期待できず、今のレベルの配当金を出し続けるのは厳しくなってくるイメージ。

おわりに

今回は、バフェット・コードという無料ツールを使って、高配当株探しを効率的に実施する方法を紹介しました。

今回の方法をベースに、高配当株をコツコツ買って、キャッシュフローをしっかり強化していきたいです。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てると嬉しいです!

それでは、また!

ABOUT ME
ちゃる
2歳男児の父(30代)。 子供が困った時にサポートできるように、人生のコツ(虎の巻)を綴るためにブログをはじめました。 現在('20/9~)は、もっぱらお金の勉強に注力中で、家計見直し、投資の勉強をしています。 子育てとお金との付き合い方に悩む親御さんに役立つ記事を書いていきたいと思っています。 よろしくおねがいします!